2005年4月16日からはじまる       日々のできごと 


by kilala-oc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ボニートボニート

5/25、12:22で待ち1。

d0028697_22182864.jpg

正油らーめん680円+半煮豚丼300円。

外回りにはつらい大雨の日。
涼しいっていう予報のわりにそうでもないしなあ…歩いてるからかな。
らーナビを頼りにじらい屋に行くも、なぜか12時過ぎてるのにシャッターが閉じたまま。
大して歩いてないのに靴の中まで浸水orz
どんだけ大雨なんだよ。
ならばとボニートボニートへ向かうも、なんとなくで進んだため道を間違うorz




ようやく着くと、満席の中を物静かなご夫婦が切り盛りされている。
店内10席ほど。
つけも気になったけど「おすすめ」の表示がある正油らーめんと、いろんなブログで見てうまそうだった半煮豚丼を。
作業は丁寧。

まずラーメンから。
かつおぶしとニボシの効いたあっさり醤油スープ。
と一言で片付けるのが申し訳ないくらい。
いわゆるニボシ臭さ、悪いところが出ておらず、おらず、おらず…うまいんです。
うまいこと言えず申し訳ない。
もしかして体にいいんジャマイカ?と思ってしまう。
初めて食べたのに懐かしい味。
麺は太からず細からず。やや縮れててつるつるもちもち。
具は厚めに切られた大判のチャーシュー(ホロホロ)、ザクザクした歯ごたえのメンマ、香りが鮮烈なわかめ、スープとの相性がよいカイワレ。
具はどれも高レベル。
チャーシュー、メンマもさることながら、ワカメのうまさには驚いた。
失礼だけど、ラーメン屋さんでこんなにおいしいワカメに出会えるとは思わなかった。

d0028697_22193811.jpg


半煮豚丼は甘辛く味付けされたほぐしチャーシューがたっぷり乗る。
添えられたガリがいい箸休め。

帰り際

「ごちそうさまでしたー」

「ありがとう。忘れ物ない?」

「あ、大丈夫です。」

というやりとりがあった。

この心くばりが嬉しい。
初訪でいきなりファンになってしまった。
おいしくて、接客も丁寧というか思いやりがあるというか。
また来ます!
[PR]
by kilala-oc | 2007-06-12 22:20 | ラーメン2007