2005年4月16日からはじまる       日々のできごと 


by kilala-oc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

7月23日土曜日、結婚式といろいろ

昨日は高校時代からの友人Rの結婚式でしたよ。




参加する友人たちと11:00に会場の最寄り駅に集合。
猫男爵遅れる。
ご祝儀袋を買う時間もないくらい寝坊したらしいので、代わりに買って名前も書くことに。
筆ペン持参しといてよかった。

まずは内袋に「金三万円也 猫男爵」と書こう。

F「家庭教師で小学生に教えてるけど、難しいよ。」
T「へー。」
オレ「小学生といえばさ、オレ一番最初の習字の授業で漢字の三を直されたことが・・・」

ん?( ´-`) じー?

( ´-`) じー?
d0028697_1331474.jpg

(゚Д゚)ハッ

「しゃべりながらやったら間違えちゃった(ノ∀`)」

その後、表書きはなんとか無事終了。

そしてまずは式に参列。
d0028697_1331266.jpg

参列者の多さにビビる。いい式でした。Rが緊張して真っ白な顔してた。

続いて披露宴へ。
d0028697_13315344.jpg

新婦が保母さんをしてたので、子供たちが書いた似顔絵が会場入り口に飾ってあった。
微笑ましい。

空調の関係か、3倍速で減っていくオレたちのテーブルのろうそく。
d0028697_13321564.jpg

シャア専用ろうそく。奥に見えるのと比べると一目瞭然。

その後スピーチ。
Rの上司。ゴージャス松野にそっくり。

続いて新婦の元職場の園長先生。
テレビの中だけかと思っていた「三つの袋の話」をされました。

人生で大切なのは「お袋」「胃袋」「堪忍袋」

「お袋」のくだりで「お互い相手の母親も大事にしなさい」と言いたかったのだろうが、
何度も「お互いのお母さんをスワップして・・・」って言ってたのが印象に残った。
意味は分かるんだけど、そこはあえて英語にしなくてもいいのでは?

新婦友人たちの「私がオバさんになっても」の替え歌、Rの友人たちの「マツケンサンバ」、
親戚の方々の演歌、民謡などの余興を経て無事披露宴終了。

そして二次会まで時間があったので、とあるビル地下の喫茶店でお茶することに。
で、このとき例の地震がありました。でかいとは思ったけどこれほどとは。
親に安否確認メールをする。
パート先のスーパーのエレベーターが止まってしまい大変らしい。
本人は無事ということで一安心。

二次会の会場は別のビルの8Fだったんだけど、エレベーターがSTOPしてました。
階段で上がりました・・・地震め。
さらに交通にも影響が出て、新郎新婦が会場に時間通り来られなかった。地震め。
d0028697_13324062.jpg

で、ビンゴをやって見事俺オレたちは4人中3人が景品ゲット!
オレはダーツ、猫様は香水、Fはカキ氷かき機。
カキ氷かき機には持ち帰り用に袋がついてたけど、ラッピング用のみたいで持つとこがなく、強引に持とうとするとサンタみたいになりおもしろい。
最初ダーツに袋がなくて、帰り際に持ってきてくれようとしてたんだけど、家も近いしそのまま持ち帰ることにした。

その後、猫様の彼女ラー子と合流してハイテンションカラオケへ。
久しぶりに心から楽しい一日だった。

裸で持ち帰ろうとしていたダーツは、うちのアパートじゃしけっちゃうし新居にでもってことで
ラー子たちに上げました。

R、Jさん、末永くお幸せに!
[PR]
by kilala-oc | 2005-07-24 13:41 | 日々のできごと